« H2Oキャンペーン | メイン | 仲良くいこうぜ »

2005年7月25日

たっくんまたまたあちゃー

ドイツまたまた残念でした。

たっくん出だしはなかなかで、どうだかなと画面にくいついていたら、
「ぬぉーーーーー!!!
クラッシューーーーーーーーーー!!!!!」
泣きそうになりました。
その後も、特に大きな変化はなくレース終了。

オープニングラップ、他にもあちこちでこつこつと当てているマシンが多かったですね。

あと、今回もジャックがすごくかわいそうでした。不運です。
ライコネンもマジでかわいそうです。

それはそうと、ミハエルが抜かれていくシーンは何か寂しさを覚えました。
もちろん、タイヤとマシンの差が大きいのでしょうが、世代交代かななんて思っちゃいました。
来シーズンのフェラーリのドライバーラインナップが気になるところです。
ミハエルよりもバリチェロの方が気になるかな。

次はハンガリーだったかな。そして、F1も夏休み。

バトンが表彰台にあがり、チームとしてはまずまずでしょう。
次戦ではバトンはもうワンステップ、たっくんはがんがん行っちゃってください。
それにしてもたっくんついてねー。走りは悪くないのに。

がんばれ、たっくん!

投稿者 ないちょ : 2005年7月25日 22:03

トラックバック(4)

トラックバックURL: http://www.f1suzuka.com/mt/mt-tb.cgi/69

レース終了後の佐藤琢磨選手のコメントです。  ... 続きを読む

第12戦ドイツGP決勝、7月24日(日)、ホッケンハイム・リンク、心配されていた天候は大きく崩れず曇り、気温24℃、路面温度31℃、Lucky Strike B... 続きを読む

フェルナンド・アロンソ、今季6勝目。最年少チャンピオンにまた一歩近づきました。ファン・パブロ・モントーヤ、最下位スタートから2位、素晴らしい。 レースはバ... 続きを読む

気温24℃、路面温度31℃、雲空の中スタートしたドイツGPはアロンソがチャンピオンに一歩近づく今期6勝目。 アロンソはライコネンのリタイヤにより、10ポイ... 続きを読む

コメントする